論計舎(ろんけいしゃ)は、 数理論理学と計算機科学を主軸とした オンライン私塾です。
三つの柱を重んじて、チューター講座メンター講座を開講し、様々なイベントも行なっています。

論計舎は数理論理学と計算機科学を「論と計の科学」として掲げそれを伝え広めることをミッションとしています。

そこには数学的な原理が背景にあり、論理・計算を必要とするすべての人に益するであろうという思いが動機にあります。

「論と計の科学」

論理的に考えるとき、私たちは step by step でつまり一つ一つの正しい手続きを踏んで結論に至ります。同様に簡単な計算をするときでも、私たちは一行ごとに式を変形しながらやはり正しい手続きに従って値を求めます。

実はこの論理と計算が数学的に同じものであるという原理があり、それをCurry-Howard対応というのですが、コンピュータという論理的な推論の主役とプログラミングという計算の世界の王は表裏一体であると考えられています。
このことから、論計舎は「論と計の科学」を掲げるのです

論計舎が提供する「論と計の科学」は、たとえば次のような人のボトルネックを解消するものです。それは、プログラミングはできているけどいっそう複雑だったり大規模だったりするプログラミング業務へ飛躍したい方や逆にプログラミングをできるようになりたいのにどこから手をつけていいかわからない方などです。

ひるがえって「論と計」のうち「論」のほうに着目すると、人間の思考や科学という営みを説明するために哲学であったり、ことばを話せるとはどういうことかを理解するために言語学であったり、法律にまつわる厳密な議論を数学的に扱うための法学だったり、学術的な世界で様々に使われています。
しかも、AIや統計的手法を正当化するという要請から、「論と計の科学」を産業や実務で応用していこうという動きも盛んになりつつあると言える現状があるでしょう。
したがって、もしあなたが「正しさ」とか「厳密さ」とかそうしたある種の絶対的な保障や理解を求めるのであれば、「論と計の科学」はあなたに多くを与えるものなのです。

論計舎は「論と計の科学」を広めることをミッションとし、その普及を通して世の中を滑らかにそして明らかにすることを願っています

趣味としての数学

論計舎のもう一つのミッションは、数学を楽しんでいただくことです。
数学に対して身構えてしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら、論計舎のお客様の多くは必ずしももともと数学が得意で好きな方ばかりではありません。
論と計の科学の学びを通してみなさま、数学を好きになっていただけました。

また論と計の科学は、数学それ自体を数学を用いて研究する側面を有しており、数学への解像度を高めてくれます。一見、難しそうですが、数学を知るという意味では論と計の科学こそうってつけの分野・題材だと論計舎は考えます。
実はこの文章を書いている川井自身、高校時代は数学が苦手でした。それでも数学科に進み、紆余曲折あり論と計の科学に出会い、それを仕事にしながら研究するに至りました。

論計舎では、三つの柱を重んじながら、対話を通して数学を楽しんでいただくよう心がけています。学友のように対等な目線で数学に生徒さんと講師が臨むのです。そこには輪読という大学数学科のゼミを意識した形式の尊重があり、このゼミのやり方に習熟すれば独習やさまざまな読書会に参加できるようになります。

さて、数学は難しい反面、歴史も古く知れば知るほど多くの学びたいことが増えていきます。人生は長い暇つぶしという言葉がありますが、ひとたび数学の道を歩き始めれば、趣味としてのトピックがいくらでも増えていきます。

論計舎は、多くの人に数学を趣味の一つの選択肢として知っていただき、できれば趣味にしていただくことを願っております。

講座紹介

チューター講座はベーシック講座とアドバンスド講座の二つに分かれ、どちらもZoomでのセッションをメインに対話をしつつ、日頃からチャットにて質問・相談をいただける仕組みとなっております。

メンター講座では、学習方針を立てたりペースメイキングをしたりしながら、チャットにて質問・相談に対応し、ノート添削などをしております。

お知らせ

2023年10月01日より適格請求書発行事業者に登録されます。

イベント

論計祭

論計祭は、数理論理学・計算機科学という「論と計の科学」を中心としつつも、コンピューターサイエンス・哲学・言語学。法学など様々な意味での 「論と計の科学」 に興味を持った方々に発表の場を提供するとともに論計舎内外の講師による講演を行う場です。
また論と計の科学や論計舎のサービスなどに関する質問と相談を承る質問・相談会も含まれます。

月に一度を目安にZoomでのweb セミナーとして行なっています。

開催の詳細は論計舎のconnpassページよりご確認いただけます。

過去のイベント

ゲーデルの不完全性定理への12講

2023年09月より毎月一回一年かけて「ゲーデルの不完全性定理への12講」という連続講座を開講しました。数理論理学とは何かという話から始めて第一不完全性定理をお伝えし、第二不完全性定理を紹介しました。

論計舎webシンポジウムRMCII2022

「情報産業における数学・論理・計算 ~Mathematics, Logic and Computation in Information Industry~」と題して2022年5月にwebシンポジウムを開催しました。

教材

論計舎講義「ゲーデルの不完全性定理」

一階述語論理に健全性・完全性の証明をしたことがある方を念頭に、二つの不完全性定理の証明に最短で到達する講義です。

構成は、以下からなります。

  • オリジナルテキスト
  • YouTube上限定公開の講義動画
  • 講義で用いたスライド
    また、テキストの講義対応部分から講義動画へリンクされるようになっております。

省略されがちなコード化の議論などをある程度は丁寧に紹介しますが、定理の性質上、無尽蔵に丁寧さを増すことができますので、適切に区切ってあります。

Speaker

川井 新 (Shin Quawai)

論計舎主催・講師。 論理と計算の関わりに関心をもち、在野研究者として活躍中。他に哲学的論理学も専門とする。RIMS共同研究にて口頭発表2回。論理学友の会発起人。指導実績のある分野に、線形代数、微分積分学、数理論理学。ウィスキーと珈琲を好む。

Attendane

論計舎web shopより10万円でご購入いただけますが、こちらからお問い合わせいただけますと、特別割引で6万円となります。

数理論理学スターターマニュアル

論と計の科学の門を叩こうとする人に少しでも適切な門を紹介しようとテキストを書きました。
論計舎 web shopの商品ページより無料でダウンロードいただけます。

自然演繹100題ノック

自然演繹の証明図をひたすら書く教材を作成・公開しました。ただいま第5版です。
論計舎 web shopの商品ページより無料でダウンロードいただけます。

反例構成100本ノック

充足不可能な論理式の反例となるモデルを構成し、反例であることを論証する教材を作成・公開しました。
論計舎web shopの商品ページより無料でダウンロードいただけます。

協賛・支援

論理学友の会

論計舎は、論理学友の会を支援しております。
論理学友の会は、数理論理学・計算機科学というを中心としつつも、コンピューターサイエンス・哲学・言語学など様々な意味での 「論と計の科学」 に興味を持った方々が集まってできています。
Discordサーバーでの交流やそこを通した読書会、また今は休止中ですが「例会」という発表・討論を行うweb セミナーを行なっています。

事業者情報

役務提供事業者

論計舎

役務提供事業者代表者

川井 新之介

所在地

福岡県 福岡市中央区天神4-6-28 天神ファーストビル7階