講師紹介

川井新

論計舎主催・講師。 論理と計算の関わりに関心をもち、在野研究者として活躍中。 他に哲学的論理学も専門とする。 RIMS共同研究にて口頭発表2回。 論理学友の会発起人。 指導実績のある分野に、 線形代数、微分積分学、数理論理学。 ウィスキーと珈琲を好む。

市川航士郎

東京理科大学数学科所属。 数理論理学、 特に形式体系の証明の構造を分析する順序数解析に興味を持ち、 数学基礎論若手の会などで発表。最近はずっと不完全性定理を再考している。 趣味はクラシック、ジャズなどの鑑賞と クラリネットの演奏。紅茶にこだわる。

牟田篤兄

東京工業大学修士。渡辺研出身。 数学科で解析系を学び、その後純粋数学の知識を生かしベイズ統計へ。 数学の基礎付けに関心を持ち数理論理学を独学する。 担当可能分野は大学レベルの数学(微積・線形等)、ベイズ統計の理論、数理論理学の初歩。 実家の愛犬にあまり会えないのが悩み。ビールを好む。

森山巧

北陸先端科学技術大学院大学修士課程在学中。 解析学における集合概念の扱いへの素朴な疑念から 直観主義論理や構成可能数学、計算理論などへの興味を強める。 担当講義は数理論理学、計算理論。 放蕩癖に悩みがち。 ウイスキーはアードベッグ、ビールはコロナビールとアサヒスーパードライ以外認めない。