image_mentor

論計舎:メンター講座

論計舎(ろんけいしゃ)は、数理論理学と計算機科学を主軸としたオンライン私塾です。

いつでも質問、いつでも添削

メンター講座は、選りすぐりの四名の講師による質問への応答、ノート添削・学習指導のサービスです。

クラウドファイル共有サービス mega のファイル共有機能とチャット機能を用いて行います。

質問すること

質問するというのは実は難しいことです。 特に適切で的を射た質問というのは何かというのは重要な問題です。 しかし、 どんな質問でもできる相手にどんな質問でもできるのが論計舎のメンター講座です。

ある有名な数学者の逸話を例に質問について説明します。 ある数学者が発表の後に 「馬鹿な質問をしてもいいですか?」 と尋ねられ 「その質問自体が馬鹿な質問です」 と答えたという逸話です。 数学には 「馬鹿な質問はない」 という考え方を論計舎は採用しています。 すなわち、 積極的な質問をすることで、 やがて適切で的を射た質問が自然とできるようになるから、 どんな質問でも勇気を持って続けていくことが大切であるという考え方です。

対応テキスト

論計舎では、 われわれが指定するテキストに沿った講座を開いています。 というのも、 講師が実際に学習時に用いたテキストや論計舎で教材研究をしたテキストから 厳選した優れたテキストを採用することで 高品質な指導をお届けできるからです。

  • 鹿島亮『数理論理学』、朝倉出版、2009
  • 小野寛晰『情報科学における論理』、日本評論社、1994
  • Benjamin C. Pierce(著)、住井英二郎(監訳)、遠藤侑介他(訳)『型システム入門』、オーム社、2013
  • 高橋正子『計算論 計算可能性とラムダ計算』、近代科学社、1991
  • 鹿島亮『C言語による計算の理論』、サイエンス社、2008
  • 萩谷、西崎『論理と計算のしくみ』、岩波オンデマンド
  • 新井敏康『数学基礎論 増補版』、東大出版会、2021

講師紹介

川井 新

論計舎主催・講師。論理と計算の関わりに関心をもち、在野研究者として活躍中。他に哲学的論理学も専門とする。RIMS共同研究にて口頭発表2回。論理学友の会発起人。指導実績のある分野に、線形代数、微分積分学、数理論理学。ウィスキーと珈琲を好む。

市川 航士郎

東京理科大学数学科所属。数理論理学、特に形式体系の証明の構造を分析する順序数解析に興味を持ち、数学基礎論若手の会などで発表。最近はずっと不完全性定理を再考している。趣味はクラシック、ジャズなどの鑑賞とクラリネットの演奏。紅茶にこだわる。

牟田 篤兄

東京工業大学修士。渡辺研出身。数学科で解析系を学び、その後純粋数学の知識を生かしベイズ統計へ。数学の基礎付けに関心を持ち数理論理学を独学する。担当可能分野は大学レベルの数学(微積・線形等)、ベイズ統計の理論、数理論理学の初歩。実家の愛犬にあまり会えないのが悩み。ビールを好む。

森山 巧

北陸先端科学技術大学院大学修士。解析学における集合概念の扱いへの素朴な疑念から直観主義論理や構成可能数学、計算理論などへの興味を強める。担当講義は数理論理学、計算理論。放蕩癖に悩みがち。ウイスキーはアードベッグ、ビールはコロナビールとアサヒスーパードライ以外認めない。

コース・料金

以下のコースからなります:

  • 月3千円の質問コース
  • 月6千円の質問・添削コース

月3千円のコースは、上記の対応テキストに関する質問のみを受け付けるコースです。 月6千円のコースでは、添削に加え一覧にないテキストに関する対応も含まれます。

お支払いは銀行振込にて前払いで承っております。クレジットカード払いは現在、検討中です。銀行振込における振込手数料はお客さまの負担となります。上記価格は、予告なく変更されることがあります。

受講までの流れ

最初にZoomにて無料の相談通話を設けております。

  1. お問い合わせフォーム から無料相談をお申し込みください。
  2. 無料相談通話にてお客様の状況とご要望を詳しくお伺いします。
  3. 相談内容をもとに講師を選定し、講師と顔合わせの通話をしてただきます。
  4. 論計舎選りすぐりの講師が、刺激的な知の体験を提供します。

お問い合わせフォーム